JDN寄稿「伝統工芸を活かした欧州市場への挑戦、ミラノデザインウィークにおける岐阜・佐賀・富山、3県の取り組み」

jdn_milano

CLIANT: JDN(ジャパンデザインネット)
DATE: 2016年5月
WORKS: 執筆

2016年のミラノデザインウィークを取材し、デザイン情報サイト「JDN(ジャパンデザインネット)」に寄稿。
スイスのアトリエ・オイと協働した椅子や照明の商品開発でミラノ初出展を果たした岐阜県の「CASA GIFU」、16組のデザイナーとの2年半にわたり開発した300点以上の有田焼をお披露目した佐賀県の「2016/ 」、ミラノ・トリエンナーレ美術館に出展した富山県の「TOYAMA JAPAN」、3県の各取り組みを紹介している。


JDN|伝統工芸を活かした欧州市場への挑戦
ミラノデザインウィークにおける岐阜・佐賀・富山、3県の取り組み
http://www.japandesign.ne.jp/salone/2016/05/14771/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です